奈良の観光スポット・宿・イベント情報をお届け!

公共の乗り物を使っていにしえの道「薬師寺~唐招提寺」を巡るモデルコース

奈良モデルコース 寺社

奈良にはたくさんの観光スポットがありますが、意外と点在しているという印象がありますよね。そこで今回は公共の乗り物を使って巡る奈良のモデルコースを紹介します。

近鉄橿原(かしはら)線、西ノ京駅で下車し、まずは薬師寺へ行きます。徒歩5分ほどです。

途中、茶色のポスト発見!

茶色のポスト

薬師寺はまず白鳳伽藍をぐるりとまわり、お坊さんの法話(30分程度)も拝聴すると1時間少しで拝観できます。写経もするとなると、もう少し時間がかかるかもしれません。

[clink url=”https://nara-tavi.com/yakusiji/”]

その後、北入山口から出て、さらに北上し玄奘三蔵院伽藍へ行きます。

玄奘三蔵院伽藍

こちらは「孫悟空」でも有名な玄奘三蔵法師が祀られています。

玄奘三蔵院伽藍

・・・広い!

境内

広いです!

境内

朱塗りの建物、横に長い建築は大陸風を思わせます。時間も場所も超えて、どこか遠くへ来たような気がします。

不東

この「不東」というのもカッコイイ!(「絶対に東へ戻らないぞ」という玄奘三蔵法師の意思だそうです)

不東

玄奘三蔵院伽藍はぐるりと拝観しても30分程度。玄奘塔でどこかに腰を下ろし、ゆっくりとした時間を楽しむのもおすすめです。

さて、玄奘三蔵院伽藍を出て、次は唐招提寺へ向かいます。このあたりでそろそろお昼時。

今回は地元でも有名な蕎麦戯さか本さんでお昼のランチにします。

蕎麦戯さか本

お蕎麦は「更科」と「挽きぐるみ」の2種類。竹の子と舞茸のてんぷら、おいなりさん。蕎麦湯も楽しめます。

おそばランチ

お蕎麦でお腹がいっぱいになったところで、改めて唐招提寺を目指します。徒歩10分程度で唐招提寺に着きました。

唐招提寺

こちらも、広いです・・・。

唐招提寺

ぐるりと拝観するのはやっぱり1時間強かかります。

唐招提寺の庭園

唐招提寺の庭園

中国の名花である瓊花(けいか)が見ごろで、とてもきれいでした。

瓊花

さらに、一番奥には鑑真の墓標もあったのですが、

鑑真の墓標

苔の絨毯がとても見事でした。まるで水のうねりのような苔。高い杉の木からもれる日の光がまた幻想的です。

苔の絨毯

水辺のせいか、涼しい風も。

池

きっとここは真夏でもしんとした空気が流れているのだろうなと思います。

唐招提寺を出ると、また西ノ京駅まで来た道を戻りました。たくさんの人が通ったこの古道。これからまた何百年、何千年と在り続けてほしいなと思います。

最後に駅前のお店でソフトクリームを購入。
ソフトクリーム

これだけは古の方々は食べておられなかっただろうな・・・、なんて思いながら、平成のロマンも充分味わいました。

旅データ

薬師寺

  • 拝観料:800円(玄奘三蔵院伽藍公開時は1,000円)
  • アクセス:西ノ京駅から徒歩すぐ
  • URL:http://www.nara-yakushiji.com/

唐招提寺

この記事を書いた人
#奈良ひとり旅ガイドをフォローする
寺社
スポンサーリンク
#奈良ひとり旅ガイドをフォローする
奈良ひとり旅ガイド