奈良市

【奈良市】平城宮跡を楽しむ際に立ち寄りたい「朱雀門ひろば」の観光交流施設

朱雀門

2018年3月24日に平城宮跡の朱雀門南側に「朱雀門ひろば」がオープンしました。

「平城宮いざない館」「天平みつき館」「天平うまし館」「天平みはらし館」「天平つどい館」の5つの館と芝生広場、復原遣唐使船などの屋外スペースを合わせた公園です。

広大な平城宮跡のわずか一画にあたりますが、それでも見て回るにはなかなかのボリューム。

朱雀門ひろば案内

今回は「天平みつき館」「天平うまし館」「天平つどい館」の3つの建物をご紹介します。

ぐるっとバス

ちなみに観光交流施設へはJR奈良駅から出ている「ぐるっとバス」で向かうこともできます。

土日祝日のみの運行ですが100円で乗車できるうえ、平城宮周りをぐるっと回って到着するので広大な感覚を掴むのにもちょうどいいかと思います。駅からの所要時間は約25分です。

天平みつき館

みつぎ館

天平みつき館は、奈良を代表するお土産物を販売する施設。観光案内所も併設していて、バスを降りてすぐの所にあります。

奈良ガチャ

奈良をモチーフにしたガチャガチャだけでこんなにも!鹿や仏像フィギュアなどたくさんありました。料金は1回200円~300円程度。

阿修羅ガチャ

阿修羅像はこんなとこまで進出しているのですね。ちょっと欲しいかも??

土産トップ3

そして奈良土産トップ3がこちらだそうです。せんとくんよりしかまろくんが人気のようですね。

赤膚焼

個人的には奈良の焼き物「赤膚焼」をおすすめします。なんとも素朴な絵付けがキュート。ぜひ普段使いにいかがでしょうか。

天平うまし館

天平うまし館は、カフェやレストランなどが入っていてランチを楽しむことができます。訪れた日はお昼時で結構賑わっていました。

うまし館

館内では平城宮を解説した映像を見ることができます。アニメーションでわかりやすい内容でした。そのほかにもたくさんの展示物があり、さらりと学ぶにはこのフロアでも十分。

※本物に触れるなら、お隣の平城宮いざない館へ立ち寄ってくださいね。

ペッパーくん

天平うまし館では案内にペッパーくんが活躍していました。平城と平成のコラボですね。

天平つどい館

天平つどい館は、休憩スペースや団体観光客の集合場所に使われている施設です。ここから平城京の目玉建造物のひとつである朱雀門はもう目と鼻の先。

シャッターポイント

カメラのシャッターポイントも用意されています。これなら一人で記念撮影バッチリです。

朱雀門ひろば渡り廊下

ちなみに建物同士はすべて渡り廊下でつながっていて雨でも安心の設計です。

セグウェイ

またちょっとおもしろかったのが係員さん。みなさん天平の衣装を身にまとってお仕事されているのですが、広大な平城宮跡に合わせてか移動がセグウェイ!?

レンタルもしているようでしたがこの周辺を乗るだけのようです。平城宮跡の反対側にある大極殿まで貸し出してもらえるなら使ってみたいかなと感じました。近い将来そんな日がきそうですね。

朱雀門

奈良時代、どのようにに人々が暮らしていたのかを感じながら風に吹かれ平城宮跡を歩く……。そのあと疲れた足を休めるにはちょうど良い施設です。

奈良土産もいろいろ見られるのもおすすめ。平城宮跡に行かれる際はぜひお立ち寄りくださいね。

あわせて読みたい
遣唐使船3
【奈良市】時空を超えてタイムスリップできる「平城京いざない館」と「遣唐使船」「平城宮いざない館」は、平城宮跡の朱雀門南側、朱雀門ひろば内にある施設。 少し離れたところには遣唐使船の展示スペースもあり、発掘さ...
ABOUT ME
石川つむぎ
石川つむぎ
「知らなかったものに出会える」そんな旅が大好きです。景色、歴史、食べ物、言葉。そして自分の中の感性や感情。それらと出会えたときの気持ちを大切に文章に綴っていきたいなと思っています。みなさんもhave a nice trip!!