奈良市

【奈良市】建立800年以上!東大寺の正門「南大門」と「金剛力士像」

南大門

東大寺の正門にあたる南大門(なんだいもん)。

それはとても大きく、またそこからは圧倒される力強いパワーを感じます。わが国最大の山門で、まさに東大寺の大仏さんのスケールを表していますよね。

ということで今回は、南大門にスポットをあててその魅力をご紹介します。

建立は800年以上

南大門

南大門は国宝にも指定されている建造物。一度は平安時代に大風で倒壊しましたが、正治元年(1199)に上棟、建仁3年(1203)に仁王像が安置され再建されました。

南大門

垂直に立つ大円柱の高さはなんと21m。大仏さんに負けず劣らず、どっしりと揺らぎない安心感があります。

南大門

裏側から見た南大門。光の加減かこちら側から見る方がさらに年季を感じます。この門を一体何人の人がくぐり抜けてきたのでしょうか。

両脇に立つ2体の金剛力士像

南大門をくぐるときに見ることができるのが、にらみを利かせて両脇に立っている金剛力士像です。

国宝をこの距離で見ることができるだけでもすごいのに加えてこの大きさ。思わず息をのむ迫力です。

阿形像

左に阿形像。

吽形像

右に吽形像。

金剛力士像の足

近くで見ると、その隆々とした筋肉におもわずうっとり。美しくて力強い!

奈良には有名なものを含め、数多くの仏像が現存しています。そのひとつひとつと向き合うとき自分の心が何を思うか・・・それは大人にしかわからない贅沢な時間かもしれません。

南大門から見る東大寺

東大寺

南大門からは東大寺も見えます。正確には東大寺を囲む塀と東大寺の屋根を眺めることができますが、あの有名な東大寺の大仏さんまでいよいよもう少しといった距離感です。

南大門と鹿

この時期(11月)は修学旅行生も多く、南大門と鹿と制服を一度に眺めていると、この場所はもう何年もこうやって時間が流れているんだろうなと感じることができます。

それはそのまま日本の平和を表しているようなそんな穏やかな空気です。

参道

ちなみに南大門までの数メートルはお土産物屋が立ち並ぶ参道です。

日によって屋台が立ち並ぶのもここ。鹿に注意しながらぜひ食べ歩きもお楽しみください。

ABOUT ME
石川つむぎ
石川つむぎ
「知らなかったものに出会える」そんな旅が大好きです。景色、歴史、食べ物、言葉。そして自分の中の感性や感情。それらと出会えたときの気持ちを大切に文章に綴っていきたいなと思っています。みなさんもhave a nice trip!!